ロボスクエアファン

ロボット図鑑

PINO

人とロボットが一緒に生活する
未来のために生まれたロボット

PINOは、科学技術振興事業団(現科学技術振興機構)ERATO北野共生システムプロジェクトで生まれたロボットです。
PINOは、ヒトとの共生を視野に入れてデザインされました。童話「ピノキオ」をモチーフに、そのデザインは"か弱さ"や“かわいらしさ“を表現しています。

関連サイト: http://www.zmp.co.jp/html/products_pino.html

重量 5.5kg
高さ 70cm
約33cm
奥行 約20cm
カラー ホワイト&グリーン
開発元 ZMP
発売元 ZMP
開発年 2001年
PINO の誕生は2000年4月、科学技術振興事業団(現:機構)北野共生システムプロジェクトにおいて。
購入

開発コンセプト、テクノロジー

駆動部
日本電産コパル株式会社と共同開発した、高トルク・低バックラッシュのロボット専用モータ、そしてZMP独自開発によるメインCPUモジュール・サブCPUモジュールにより、大幅な運動性・歩行安定性の向上を実現しました。また、組み立て・調整等の製造工程の効率化により、35%のコストダウンも実現しました。