ロボスクエアファン

ロボット図鑑

PALRO(パルロ)

会話ができるヒューマノイドロボット

パルロは20を超える知能化技術を搭載し、人と自然なコミュニケーションを実現したヒューマノイド・ロボットです。会話力・コミュニケーション力、クイズやゲームなどのエンターテイメント力により、高齢者福祉施設などで活躍しています。また、オープンなアーキテクチャを採用することで、研究機関でも活躍しています。

関連サイト: http://palro.jp/

重量 1.6kg(バッテリパック搭載時)
高さ 約40cm
約18cm
奥行 最大約12cm
カラー ホワイト
開発元 富士ソフト株式会社
発売元 富士ソフト株式会社
開発年 2008年(アカデミックシリーズ2010年販売開始、ビジネスシリーズ2012年販売開始
購入

アカデミックシリーズ  可 HP参照<http://palro.jp/product/academic.html>

 ビジネスシリーズ 可(レンタルあり) HP参照<http://palro.jp/product/business.html>

 
 

開発コンセプト、テクノロジー

・パルロって何?

 HP参照<http://palro.jp/feature>

・パルロギャラリー

 HP参照<http://palro.jp/feature/gallery.html>

・コミュニケーション

 パルロは、相手の顔を見て会話をし、相手の顔や声を覚え、その人にあった会話を楽しむことできます。このように、パルロは人にとって、ごく自然なコミュニケーションを実現しています。また、音声だけではなく、身振り、手振り、メロディー、頭部のLEDを組み合わせて、さらに高い表現力を実現しています。

・学習機能

 パルロはいつ、どこで、何をしたかを覚えています。このため、移動したときに「ここは、いつもニュースを話しているところ。ニュースをお伝えしましょうか?」という経験を活かした能動的な提案をすることができます。


・移動・運動機能

 話す相手に近づいたり、ものを探したりするために必要なのが歩く動作です。高度な移動知能が、路面変化への追従・位置認識を行います。パルロは生活空間を自由に移動できる、優秀な二足歩行ロボットです。

・インターネット接続

 さらに進んだコミュニケーションには、「つながる(繋がる)」ことが重要です。パルロをネットワークにつなげることで、インターネットやクラウドとの連携が可能になり、さまざまな情報やコンテンツ、クラウドサービスやWebサービスを活用することができます。